マックとウィンドウズはそもそも何が違う?

システムが違うためインストールできるソフトにも違いがある

パソコンにインストールする有料のOSはだいたい二つに分かれます。利用者数が多い順にWindowsとMacです。それ以外のOSも存在しますが、国内で販売されているパソコンにはこの二つのどちらかが入っているといっていいでしょう。では、ウィンドウズとマックには、どういった違いがあるのでしょうか。
まず、OSとは基本ソフトのことで、それ以外のソフトウェアはOSのシステム上で動くことになります。ウィンドウズとマックはシステムが根本的に違うので、ウィンドウズ対応ソフトはマックで動かすことはできず、反対にマック専用ソフトをウィンドウズで動かすこともできません。それなのに同じソフトがそれぞれで動作するのは、開発会社がOSに合わせて二種類のソフトを作っているからです。

マックはアップル社のパソコンでしか動作しない

ただ、中にはどちらか一方のOSでしか動作しないソフトもあるので、使いたいソフトウェアがあるという理由でパソコンを購入する場合、そのソフトがどのOSに対応しているの確認しないといけません。
また、OSの開発会社もまったく違うので、マックを開発しているアップル社にウィンドウズのことを聞いても回答を得ることはできませんし、その反対も同様です。
そして、パソコンを自作したいという人が知っておくべきこととして、マックを自作パソコンにインストールすることはできないということが挙げられます。マックはアップル社が販売している専用のパソコンのみでしか動作させられないのです。インストール要件が揃っていれば、自作でも中古でパソコンなら大抵のものにインストールできるウィンドウズとの大きな違いといえるでしょう。

ノートPCを購入する際には、長期保証のサービスが付いている業者を選ぶことで、メンテナンスの際に安心し対応をすることができます。