用途別パソコンの選び方。

使用目的をハッキリさせよう!

パソコンといっても、デスクトップパソコンやノートパソコン、タブレットPCなどがあります。ビジネスで使用するのか、プライベートで使用するのかで大きく変わってきます。また、屋外で使用するのかも考慮する必要がありますね。

ビジネスの場合、ノートパソコンかタブレットPCを使用することが多いと思います。屋外で使用する際に気になることは、バッテリーの稼働時間です。モバイルバッテリーを使用できるタブレットPCの大きなメリットと言えます。CD/DVDやUSBメモリ、SDカードを使用することが多い場合は、ノートパソコンになります。

プライベートの場合、動画編集やオンラインゲームなどといった専門的な性能を求められるものでない限り、ノートパソコンかタブレットPCになると思います。タブレットPCは、ベッドやソファーで気軽に使用できるのが良いですね。ノートパソコンは、CDで音楽を聞いたり、DVDで映画鑑賞など、様々な外部記憶媒体を使用出来ます。

使用目的に合った性能にしよう!

パソコンを選ぶ際に、オススメのパーツが1つあります。それは「SSD」と呼ばれ、HDDと同じストレージになります。SSDの大きな特徴として、データの読み書きが非常に早いことです。イライラしやすい起動時間が早くなるだけでなく、通常の動作においても非常にスムーズに動きます。結果として、作業効率が良くなり、ストレスの軽減にも繋がります。ビジネスで使う人だけでなく、プライベートで使う人にも良い効果を与えてくれるます。

現在のノートパソコンやタブレットPCは、CPUの性能が良くなっただけでなく、ストレージの容量も大きくなり、さらにバッテリーの稼働時間も長くなっています。そして、製造メーカーの競争により価格も安価になっています。消費者側としても、選択しやすい環境になっていますね。